サード・プレイス

チルアウトな第3の居場所を目指して。

利他精神

あなたは、何のために仕事をして、誰のために生きているだろうか。

 

私は、自らのスキルアップやキャリアステップを第一に考えて仕事をしていた。クライアントのためと言いつつも、心のどこかで自分ファーストの意識は常に持っていた。しかし、最近そのような考えをある人に見透かされ、打ちのめされた。自分だけを可愛がる人は、社会の中で孤立し、弱くなっていく。その弱さを認められない者は、誰からも必要とされなくなり、負のスパイラルに落ちていく。もしあなた(私)が、より善く生きたいと願うならば、自分の幸せは他者の幸せの中にあるということを理解し、実践していかなくてはならない。私もまだ旅の途中だ。